インフォメーション

インフォメーション

年頭あいさつ

インフォメーション 2021年1月1日

新年あけましておめでとうございます。令和3年の輝かしい新春を迎え、心からお慶び申し上げます。

また、平素から当消防組合のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

さて、昨年は新型コロナウイルス感染症対策に明け暮れた一年でした。管内の関市・美濃市でも80名を超える陽性者が出ており、10名近い患者さんを救急車で搬送しています。

救急隊員はすべての救急に風を通さない感染防止衣・マスク・ゴーグルを着用して出場しており、真夏には汗びっしょりの活動でした。

消防本部では消毒や三密対策はもちろん、様々な感染症対策を実施しましたが、誰も経験のないことで、自信を持ってやれた訳ではありません。

しかし職員も、職員の同居の家族からも陽性者が発生せず、一年を乗り越えることができたことは有難いことでした。

 

コロナはまだまだ収束の見込みが立ちませんが、ワクチン接種が始まり必ず平穏な生活が戻ると信じ、それまでは油断することなく感染対策を続けていきましょう。

 

終わりに、皆様のますますのご健勝とご多幸、そして、今年こそコロナが収束し、災害のない一年でありますことを心から祈念いたしまして、年頭のご挨拶といたします。

 

中濃消防組合       

消防長 中島昭裕

火災調査研修会(模擬裁判)を開催しました

 中濃消防組合では、令和2年11月18日に岐阜地方検察庁から現任検事を講師として招き、火災調査研修会を開催しました。

 この研修会は、職員が刑事裁判を通じ、火災調査書類の重要性を再認識することを目的に開催したものです。

 今回は放火による建物火災を想定し、模擬裁判員裁判の中で火災調査書類に記された内容の信ぴょう性を問われ、作成した職員が証人として出廷して証人尋問を受けるという構成でした。参加した職員は、検察側の見解と弁護士側の追及を体感した上で一連の裁判の流れを学び、裁判員としての評議も研修しました。

 火災原因調査は、その後の火災予防や消防行政施策に反映されるとともに、司法機関や捜査機関に対しても重要な資料となります。今回の研修を通じて、職員は火災調査書類の正確性と重要性を改めて認識することができました。

火災調査研修会

初任科生が研修修了

インフォメーション 2020年10月28日

新型コロナウイルス感染症の影響で、6月15日から入校した6人の初任科生は、本日約4か月半の初任教育の研修を修了しました。

初めに、初任科69期生97人全員で、特別点検を実施。

その後、小隊訓練、救助訓練、消火活動訓練を、大きな声とてきぱきとした動きでこなしていました。

昨年までと違い、家族・友人の見学はなく歓声がないため、少し寂しい気はしましたが・・・

 

続いて、屋内訓練場で修了式。

コロナ対策のため例年と違い、来賓は県下消防本部の消防長のみ。修了証は一人ずつに手渡すのではなく代表受領でした。

その後、成績優秀者に表彰が行われましたが、学校長表彰(4名)の一番初めに中濃消防組合の 『古屋消防士』 が名前を呼ばれました。つまり、首席で修了したということであり、消防長として大変誇らしく思いました。

本日、初任科を終了しほっとしている6名ですが、すぐに11月2日(月)から約2か月間、救急科に入校し、救急隊員としての基礎を学びます。

年が明けると、正式に各消防署に配属され、現場デビューです。

IMG_0775IMG_1029 IMG_1051IMG_0934

令和2年度(令和3年度採用)消防職員採用試験 最終合格者について

採用案内 2020年10月26日

令和2年度(令和3年度採用)消防職員採用試験

最終合格者

救急のお礼の手紙をいただきました

インフォメーション 2020年10月23日

本日、お母様のけがに出場した救急隊員に対し、「隊員の方々のけがへの対応はもちろん、母や私たち家族にまで思いやりの気持ちで終始対応して頂けましたので・・・」と、感謝の言葉をいただきました。

患者さんや、その家族の方に「ありがとうございます」と思ってもらえることが、私たち消防職員の誇りでありモチベーションとなっています。

感謝の言葉をいただけたということは、患者さんへの声掛けや態度などすべての活動が良かったということであり、出場した救急隊員を誇りに思います。

これからも新型コロナウイルス感染症対策に努めながら消防業務に当たってまいります。

 04-2020-10.23

 

 

今日から衣替え

インフォメーション 2020年10月16日

中濃消防組合職員の制服が今日から冬服に切り替わります。

IMG_6299  

     ☟

  IMG_5943

服制に関する規則で夏服の着用は、6月1日から9月30日までと決められていますが、最近は5月や10月は暑い日が多いですよね。

そこで今年は、夏服を5月11日から10月15日までの着用にしました。

(冬服、夏服の使用期間については、気象条件等により延長、短縮することができることになっています。)

これは関市で行われている「小瀬鵜飼い」の開催期間に合わせたのですが、ちょうど暑くなり始めた時に夏服になり、肌寒くなる時に冬服になるという、絶妙のタイミングになっています。

 

令和2年度消防職員採用試験 第1次試験合格者について

採用案内 2020年10月7日

令和2年度消防職員採用試験第1次試験合格者

 

 

令和2年度火災予防に関する図画・習字の入選作品のご紹介

今年度も中濃地区幼年少年女性防火委員会主催で、関市・美濃市の幼稚園・保育園、小・中学校から火災予防に関する図画(ポスター)・習字を募集しました。

今回、図画の部に493点、習字の部に391点の応募があり、9月4日(金)に先生方の審査のもと各部それぞれ19点ずつ入選作品が決定しました。

★各部入選作品はこちら★

審査された先生方から、次のような評価をいただきました。

【図画の部】

・園児の作品は、消防車と消防隊員の両方が描かれている作品が多くみられました。また、消防車の形や水が吹き出ている様子がしっかりと描かれている作品が多くみられました。

・小中学生の作品は、水彩絵の具を使って丁寧に描ききっていました。さらに防火意識を高める表現や消防隊員の消火活動の姿を生き生きと描いている作品が多くみられました。

【習字の部】

・中学生の作品が少なく残念でしたが、よく書き込まれた作品が多くありました。全体的に墨量が豊かで力強い作品が多くありました。手本をよく見てまねるところから自由にのびのび書ける段階まで書き込むことが大切です。

図画・習字の金賞作品については、今年度の中濃消防組合火災予防運動ポスター(秋・春)として採用させていただきます。

また、応募作品は火災予防運動期間中などに各消防署や出張所などで展示を予定しています。

今年度もたくさんのご応募ありがとうございました!!

令和2年度第1回甲種防火管理新規講習を実施しました

 令和2年8月27日、28日の2日間にわたり、関市文化会館において甲種防火管理新規講習を実施しました。

 消防法第8条では、政令で定める多数の者が出入りするような事業所等には防火管理者を定め、防火管理上必要な業務を行わせることが義務付けられています。中濃消防組合では、事業所等において管理的又は監督的な地位にある方を対象に、毎年、消防法第8条に定める防火管理者としての資格を取得してもらうための講習会を実施しています。

 この講習会では、防火管理に関する座学や実際に屋内消火栓や訓練用の消火器を使っての消火訓練等のカリキュラムがあり、今回58名の方が甲種防火管理者の資格を取得しました。

12

34

 

初任科生が現地研修

インフォメーション 2020年8月19日

新型コロナウイルス感染症の影響で、例年より2か月半遅く、6月15日から入校した6人の初任科生。入校から2か月近く経って、1週間の現地研修に戻ってきました。

4月、5月の頃と比べると、明らかに逞しくなっています。声も大きく、体も一回り大きくなっているようで、鍛えられていることがよくわかります。

IMG_7213     IMG_7311

今回の現地研修で訓練をしたのが、主に救助訓練です。

ロープを使って高いところに登る「登はん訓練」 【3種類】

逆にロープを使って下に降りる「降下訓練」 【4種類】

建物から隣の建物へ20mの距離を渡る「渡過訓練」 【3種類】

オレンジ色の救助服を着て訓練する姿は、まるで一人前のレスキュー隊員。

10月27日の修了式まで、身体に気をつけ、コロナに気をつけ、頑張ってほしいと思います。

  IMG_7498  IMG_7453

IMG_7482 IMG_7626

IMG_7657 IMG_7668

IMG_7675 IMG_7760

IMG_7792 IMG_7841

 

1 2 3 4 5 6 13