インフォメーション

ニュース

第47回消防救助技術東海地区指導会の開催中止について

ニュース 2018年7月12日

平成30年7月25日(水)に三重県鈴鹿市の三重県消防学校で開催が予定されていました第47回消防救助技術東海地区指導会は、「平成30年7月豪雨」により広範囲で甚大な被害が発生しており、現在も各地で捜索、救助活動が続いていること、また被災地での地元消防本部や緊急消防援助隊の活動が今後しばらく継続される可能性があることから、中止となりました。

安全運転研修会を実施しました!!

ニュース 2018年6月29日

平成30年6月19日と20日の2日間、当消防本部において安全運転研修会を実施しました。

この研修会では、若年職員を対象に緊急走行や狭隘路を安全に運転するための知識、技術を習得するために講義研修と実技研修を行いました。

04hono_unten01

また、当消防本部では、自動車学校指導員の職歴を持つ職員が講師を務めています。

その講師が考案した講習コースがこちら!

04hono_unten0204hono_unten0304hono_unten0404hono_unten05

 

どうですか。自動車学校さながらのコースが完成しました!

 

さて・・・それでは実践です。

04hono_unten06 04hono_unten07

スタート位置から、まずは幅寄せ停車です。

 

04hono_unten08 04hono_unten09

最大の難所。ヘアピンカーブ!?

上手く曲がれるでしょうか・・・

 

04hono_unten10 04hono_uten11

鋭角カーブをクリアし一安心・・・次はクランク、直角カーブの連続にチャレンジです。

そしてS字カーブ。

 

04hono_unten12 04hono_unten13

最後は「たこつぼ」と言われる難所です。円形の狭い空間で切り返し脱出します。

 

04hono_unten14

本研修会では、講義研修で交通法令等を再確認し、実技研修では普段なかなか経験できない状況での走行訓練となり、若手職員にとっては非常に良い経験になりました。

 
災害現場では、助けを待っている人がいる!

 

迅速かつ安全運転で現場へ駆けつけ、市民の皆さんのお役に立てるよう、今後も運転技術の研鑽に努めていきます。

平成30年度 中濃消防組合体験型採用説明会を実施しました

04-taikengata0-20180617

「消防士になりたい!」

「消防に興味がある!」

でも「消防」って、火を消したり人を助けたりと漠然としたイメージはあるけど、普段どんな業務をしているかよくわからない人がほとんどだと思います。

 

そんな人のために、中濃消防組合では「体験型採用説明会」を行っています。

 

実際に体験することで消防業務について詳しく知ってもらい、消防士を目指す気持ちをより強くしてもらうために行っている説明会で、今年度は6月17日(日)に消防本部で実施しました。

中濃消防管轄内の関市、美濃市に住んでいる方だけでなく、関西地方や四国出身の方まで、18名が参加し、私たち消防士の業務を実際に体験してもらいました!

 

消火訓練

04-taikengata1-20180617

消防の仕事といえば、まずコレですよね!

でもただ放水体験をしてもらうだけではなく、実際に現場に着ていく防火衣を着て、さらに空気呼吸器を背負った状態でホースを搬送し、さらにホースを延ばすことも体験してもらいました。

04-taikengata4-20180617

実際に災害現場まで資器材を搬送したり、遠いところまでホースを何本も延ばさないといけないこともよくあります。それを身をもって体験してもらうため、ホースを持って訓練塔の5階まで走ってもらいましたが、息を切らせて走っていた参加者の姿が印象的でした。

また、放水のあとのホース巻きもやってもらいました。本当に実際の業務を体験してもらう、それがただの説明会とは違うところなんです!

04-taikengata3-20180617

 

救助訓練

04-taikengata5-20180617

7mの高さに張られた20mのロープ。その先で救助を求めている人を助けるために、消防士はロープ渡っていかなければなりません!

ロープを渡ることを渡過(とか)といいますが、今回は2種類の渡過方法を体験してもらいました。

04-taikengata6-20180617

「現役消防士が軽く渡っているのを見て自分もできるんじゃないかと思ったが、実際には思った以上に力やバランスが必要でとても難しく、渡りきることができなかった」
そんな感想が聞かれたように、20mを渡り切れなかった参加者も多数いました。
しかしご安心を!ロープの途中で動けない参加者も、現役消防士が迅速かつ安全に救出しました。

 

救急訓練見学

「救急指令!心肺停止の傷病者のもとへ今すぐ急行せよ!」

救急隊と支援隊が出場し、心臓と呼吸が止まっている人のもとへ駆けつけ、すぐさま胸骨圧迫や人口呼吸を開始します!
さらには救急救命士だけが行うことができる特定行為と呼ばれる処置も的確に行い、素早く救急車へ搬送!

04-taikengata7-20180617

といった本番さながらの訓練を間近で見学してもらいました。

隊員たちの真剣な表情やきびきびとした行動に、参加者の方も現場にいるような臨場感を感じてもらえたかと思います。

04-taikengata8-20180617

 

その後は署内や指令センター、車両の見学をしてもらい、最後には現役消防士との意見交換をしてもらいました。

04-taikengata9-20180617

参加者からは、
「今まで以上に消防士になりたいと思いました!」
「こんな先輩の中で一緒に働いてみたいと思いました!」
という感想を聞くことができました。

 

普段できない消防業務を実際に体験できるのもこの採用説明会の特徴ですが、現役消防士の働く姿を間近で見てもらうことや、会話することによって、現役消防士の「消防に対する熱い思い」を感じてもらえるのも、この説明会ならではのことだと思います。

 

消防に興味がある方は、ぜひ参加してみませんか?

中濃消防組合の消防士は、あなたの夢を真剣に応援します!

一般市民(協力者)へ感謝状を贈呈しました

5月29日、中濃消防組合消防本部 消防長室において一般市民5名へ感謝状を贈呈しました。

 

5月6日の夜、関市向陽台地内の一般住宅で火災が発生しました。

逃げ遅れた住人2名が2階のベランダで助けを求めていたところ、近所に住む小栗義道さん、笹野厚樹さん、布施誠さん、小林晃丈さん、小林昌史さんが協力し、ベランダにはしごをかけて2名を無事に救出しました。
 

切迫した現場で救助活動をされた5名にお話を聞くと、「とにかく『助けたい!』という気持ちが強く、救出時のこともよく覚えてないほど無我夢中だった」とおっしゃっていました。

 

救助活動を近くで見ていた人によると、救出後すぐにベランダ付近の窓から炎が噴き出したそうです。

少しでも遅かったら住民を救助できなかっただけでなく、自分自身もけがをしてしまう恐れもありました。

そんな状況で勇敢に救助活動を行い、2名の尊い命を救ったことは、とても大きな功績です。

 

 

また、ご近所の方を「みんなで助けよう!」という強い思いは、普段からのコミュニケーションによって地域の強いつながりができているからこそ生まれたものだったと思います。

今回の協力者のみなさんのように、普段から地域の方とコミュニケーションをとり、災害時に助け合える関係づくりができるといいですね。

04-news-20180529

(下段左から小栗義道さん、笹野厚樹さん、布施誠さん、上段左から藤田哲也消防長、小林晃丈さん、小林昌史さん、細野正則消防次長兼関消防署長)

消防職員意見発表会中濃地区大会に出場しました

 3月8日(木)、郡上市美並町の日本まん真ん中センターにおいて、平成29年度 消防職員意見発表会中濃地区大会が開催されました。
04-ikenhappyou1-20180308
当組合からは、2月8日に開催された中濃消防組合消防職員意見発表会(本部大会)で優秀賞を受賞した3名の職員が出場しました。(本部大会の記事はこちら
その他、可茂消防事務組合から3名、郡上市消防本部から2名が出場し、計8名の消防士が消防に関する意見・思いを熱く発表しました。

 

発表者は、所属する署で何度も何度も繰り返し練習し、表現力に磨きをかけこの日を迎えました。
そんな発表者の頑張りを知っている数多くの職員が会場まで応援に駆けつけ、組合をあげて大会に臨みました。

04-ikenhappyou2-20180308

04-ikenhappyou3-20180308

04-ikenhappyou4-20180308

審査員、応援者、そして地元の中学生も聴講する緊張感漂う会場でしたが、発表者は堂々と発表しました。
 

岐阜県大会に出場できるのは最優秀賞2名のみですが、
結果は・・・、

 

最優秀賞は可茂消防事務組合の2名、当組合の出場者3名は惜しくも優秀賞でした。
※優秀賞の6名の中でも、当組合の井上侑也消防副士長が次点(最優秀賞の発表者が県大会へ出場できなくなった場合に県大会へ出場する者)に選ばれました。

 

消防士たちはそれぞれ、胸に熱い気持ちを持ち、日々の業務に取り組んでいます。

結果は残念でしたが、発表者は今回の意見を少しでも業務に取り入れ、住民のみなさんのために活躍してくれることでしょう!

応援してくださったみなさん、ありがとうございました。

04-ikenhappyou5-20180308

「こども消防見学会」を開催しました!

04-news-top-20180305

 

平成30年3月3日に中濃消防組合消防本部・関消防署において「平成30年春季全国火災予防運動」の一環として「こども消防見学会」を開催しました。

600人を超える方々に参加していただき、一番遠い所からは、大阪市から参加された親子もいらっしゃいました。

イベントでは、はしご車バスケットの乗車体験をはじめ、子供用の防火服、救助服、制服の試着体験、ミニ消防車やミニ救急車の乗車体験、関消防署の中を見学するツアーなどを行いました。

普段体験できない消防車両の見学や各種体験を通じて、こどもさんの笑い声や笑顔を見ることができ、幼少年期の防火教育を図ることができました。

今後も「こども消防見学会」を開催していく予定ですので、次回もぜひご来場ください。

 

↓当日の写真です(クリックで拡大表示します)

04-news1-20180305 04-news2-20180305

04-news3-20180305 04-news4-20180305

04-news9-20180305 04-news6-20180305

04-news5-20180305 04-news-11-20180305

04-news7-20180305 04-news8-20180305

04-news10-20180305

ホームページに「消防だより第80号」を掲載しました

中濃消防組合が年に2回発行する火災予防等の啓発を目的とした広報誌の最新号、
「消防だより第80号」をホームページに掲載しました。

 

今回の特集は「一人前の消防士になるために… 新人消防士に密着」
29年度の新規採用職員が署へ正式に配属されるまでの約10か月間。
消防学校入校や、現地研修など、さまざまな試練を乗り越えていく姿に密着しています!

 

その他にも平成29年の火災・救急・救助の統計や組合管内の署や出張所のできごとを紹介する「あれこれ 消防あ・ら・か・る・と」など、消防に関する情報がたくさん詰まっています!

ぜひご覧ください!!

 

消防だより第80号はこちら!

04-syouboudayorikeisai1-20180301 syouboudayorikeisai2-20180301 syouboudayorikeisai4-20180301

中濃消防組合消防本部・関消防署 こども消防見学会を開催します!

平成30年3月3日(土)13:00から中濃消防組合消防本部 関消防署において、こども消防見学会を開催します。

はしご車バスケット搭乗体験やミニ消防車・救急車に乗車体験など、さまざまなイベントを企画していますので、ぜひご参加ください!

 

詳細はこちら!

04-kodomokengakukai3-20180213

女子学生向け1dayインターンシップのブースに出展しました

ニュース 2018年2月13日

2月10日(土)に岐阜市のじゅうろくプラザで、

『女子学生向け消防職業体験1dayインターンシップ』

が開催され、当消防本部もブースに出展しました!

 

東海地方を中心に15の消防本部がブースを出し、それぞれの地域の特徴や女性消防士採用のための取り組みなどを女子学生さんに知ってもらおうと呼びかけたところ、高校生、大学生や救急救命士の資格取得を目指す専門学生など約40人が来場してくれました♪

04-1day1-20180210
 

消防士になりたいと思っている女子学生さんと直接お話しをしてみると…

04-1day2-20180210
『消防の事務仕事ってどんな内容があるんですか?』

→火災とまぎらわしいの行為の届け出、避難訓練や救急講習の依頼文の受付や、パソコンでのデータ処理などがあります!

『免許取得のための金銭面のサポートはありますか?』

→運転免許に限らず、さまざまな資格に補助制度があります!

 

素朴な疑問から、就職後の細かなことまで、さまざまな質問がありました。ホームページやパンフレットだけでは伝わらないこともありますので、直接顔を見て話すことができて、とってもいい機会であったと思います♪

 

中濃消防組合ブースに来てくれた皆さん!ありがとうございました!

 

 

残念ながら今回のイベントには参加できなかった方も、消防士と話す機会はまだまだあります!

下記の説明会には男性の就職希望者も参加OKですので、ぜひ消防士を間近で見て、話しを直接聞いて、職場の雰囲気を感じてみてください♪

 

 公務員合同説明会

◇日時:平成30年3月10日(土) 10:00~15:00

◇場所:岐阜県関市若草通2丁目1番地 わかくさプラザ 多目的ホール

※平成30年7月頃にも予定しております。

 

 中濃消防組合体験型採用説明会

 ◇日時:平成30年6月中旬ごろ 午前中

◇場所:岐阜県関市西欠ノ下5番地 中濃消防組合消防本部

中濃消防組合消防職員意見発表会を開催しました

ニュース 2018年2月9日

04-H29ikenhappyou1-201802082月8日、9名の若手消防士たちが、消防に関する熱い思いを発表しました。

毎年開催されるこの消防職員意見発表会は、職員の資質向上と自己研さんを目的とし、5分間の発表時間の中で、消防行政に関する自由な意見を発表する大会です。

 

今年度は、

「新人職員の新たな育成方法を提案します!」
「女性消防吏員の今後について」
「地域に救急119番の家を作りましょう!」

といった、幅広い内容の意見が発表されました。

 

その中で優秀賞に選ばれたのは・・・

 

関消防署 井上侑也消防副士長
「私たちにできる「お・も・て・な・し」」

04-H29ikenhappyou2-20180208

救急隊の義務である、状況説明や処置に対する同意を得ること(インフォームドコンセント 通称「IC」)を外国人患者やその家族に迅速的確に行うため、外国語で病態に沿った定型文「ICカード」を作ってはどうか!
東京オリンピックも間近に迫る今、もしもの時の備えをしておくことが、私たちにできる最善の「お・も・て・な・し」では?

 

美濃消防署 鈴木洸陽消防士
「流行語大賞」

04-H29ikenhappyou3-20180208

消防と関わることが少ない現状を変えるため、SNSの拡散力を利用。
消防署開放日や消防フェアなどを行い、参加者に「インスタ映え」する撮影場所を提供しSNSで情報発信してもらいましょう!
時代の変化とともに、我々消防のPRも進化していかなければならない!

 

 

美濃消防署 後藤大輝消防副士長
「新たな救急法を」


とあるハイキングクラブからの依頼を受け、その場にある物や避難時に持ち出した物だけを使い応急手当を行う「サバイバル訓練」を試みたところ、参加者は驚くような方法で応急手当を実践してみせた。
大災害から生き残る術を身に付けるため、この新たな救急法「応急手当サバイバル」を提案!

 

 

変化していく時代に対し、消防や救急、そして広報も進化していかなければならない!
どれも消防の諸問題について考え、それに対する明確な意見を熱く述べた発表でした。

そしてこの優秀者3名は、3月8日に郡上市美並町 日本まん真ん中センターで開催される「消防職員意見発表会中濃地区大会」に出場します。勝ち上がればその先は県大会、東海大会、さらには全国大会と続きます。

 

できるだけ上の大会へ出場できるよう、職員一同、3名を熱く応援していきます!!

04-H29ikenhappyou8-20180208

1 2 3 4 5