ほのおのにっき

Stingray Hunter

ほのおのにっき 2018年9月10日

私は消防という職業柄、「危機管理」という言葉には敏感だったはずですが・・・

今回は私のプライベート中における「危機管理」の甘さから招いた、魚釣りに潜む危険についての体験談を御紹介したいと思います。

 

釣り好き30年の私は、今年、新たにターゲットを変え、掛かった時の圧倒的重量感やスリルを求めるため、あえてStingray Hunterにチャレンジしました。

 

04-honoo1-20180910Stingrayとはアカエイのことで、全長1m以上、体重100kgにもなる大型のエイです。長い尾の付け根にはノコギリ状の大きな棘(とげ)があり、体に触れると尾を曲げて相手を刺します。棘は非常に硬く長靴やフィンなど容易に貫通します。棘には毒腺があり、刺されて10分程度で激痛に襲われ、傷口の周囲は紫色に変色し腫れ上がり、血圧低下、呼吸障害、発熱の症状が出るなど危険で、凶暴な魚です。

かの有名な『クロコダイル・ハンター』のスティーブ・アーウィンもアカエイに胸を刺され死亡しています。

 

04-honoo2-20180910

今回の結果は、釣果2匹(胴長50cm・20cm)・バラシ2回。
たとえ50cmでも十分な引きで満足できる結果となり、また、アカエイに刺されることも無く、無事に帰ってくることができました。
しかし、この満足感と無事帰ることができた私の体と引き換えになったものがあります。

強烈なあたり(推定1mオーバー)と共に、竿とリール(25,000相当)が海に消えていきました。

私自身が無事に帰れたことはよかったのですが、竿とリールに関しては予期せぬ損失となってしまい、危機管理が甘かったとしか言いようがありません。

 

みなさんも思わぬ場所に思わぬ危険が潜んでいることがあるので気をつけてください。