インフォメーション

消毒用アルコールなどの安全な貯蔵・取扱いについて

インフォメーション 2020年4月13日

今般の新型コロナウイルス対策など、感染防止用として消毒用アルコールによる手指の消毒や除菌などに使用されるケースが増えてきています。

アルコール成分が一定量以上含まれる消毒用アルコールは、消防法に定める危険物の第四類アルコール類に該当する場合があります。

安全に貯蔵・取り扱うために、下記の点にご注意ください。

 

一般的な注意事項

・消毒用アルコールの使用に際して、火気の近くで使用しない。

・みだりに可燃性蒸気を発生させないため、密閉した室内で、多量の消毒用アルコールの噴霧は避ける。

・直射日光が当たる場所や高温となる場所での保管・設置は避ける。

また、消毒用アルコールの容器を落下させたり、衝撃を与えたりするなど、乱暴な扱いをしない。

・消毒用アルコールを貯蔵、取り扱う場所は、常に整理、整頓を心掛ける。

商品例(消)

危険物表示(消去)