インフォメーション

初任科生が研修修了

インフォメーション 2020年10月28日

新型コロナウイルス感染症の影響で、6月15日から入校した6人の初任科生は、本日約4か月半の初任教育の研修を修了しました。

初めに、初任科69期生97人全員で、特別点検を実施。

その後、小隊訓練、救助訓練、消火活動訓練を、大きな声とてきぱきとした動きでこなしていました。

昨年までと違い、家族・友人の見学はなく歓声がないため、少し寂しい気はしましたが・・・

 

続いて、屋内訓練場で修了式。

コロナ対策のため例年と違い、来賓は県下消防本部の消防長のみ。修了証は一人ずつに手渡すのではなく代表受領でした。

その後、成績優秀者に表彰が行われましたが、学校長表彰(4名)の一番初めに中濃消防組合の 『古屋消防士』 が名前を呼ばれました。つまり、首席で修了したということであり、消防長として大変誇らしく思いました。

本日、初任科を終了しほっとしている6名ですが、すぐに11月2日(月)から約2か月間、救急科に入校し、救急隊員としての基礎を学びます。

年が明けると、正式に各消防署に配属され、現場デビューです。

IMG_0775IMG_1029 IMG_1051IMG_0934