インフォメーション

ニュース

119番通報回線工事に伴うお知らせ

ニュース 2021年11月28日

NTT西日本岐阜支店の緊急通報回線用に使用されている電話交換機工事に伴い、一時的に119番通報が繋がらない場合があります。

119番通報ができない場合は、中濃消防組合の代表電話(0575-23-0119)へ通報していただきますようにお願いします。

 

工 事 日  令和3年12月17日(金)

工事時間帯  午前1時00分から1時35分

 

ご迷惑をお掛けしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

移動タンク貯蔵所(タンクローリー)の立入検査を実施

中濃消防組合では、危険物輸送車両による灯油販売などが盛んになる前に、移動タンク貯蔵所などの一斉点検を実施しています。

危険物を輸送する車両による事故が発生すると、周囲に重大な危害を及ぼすおそれがあるほか、交通遮断による経済活動のまひなど、社会生活に多大な影響を及ぼすこととなります。

タンクの構造や設備の状況、点検の実施状況、危険物取扱免状の保持状況などを確認するとともに、車両の運行についても一層の安全管理の徹底を図るように呼び掛けています。

移動タンク貯蔵所 立入検査

 

令和3年度 安全運転研修を実施しました

ニュース 未分類 2021年11月2日

119通報から早く確実に現場に到着することができるように、202111anzenunten1 毎年、若手職員対象に実際の車両を運転して安全運転研修を行っています。

今回は関自動車学校にタンク車1台と、救急車に見立てたワゴン車1台の計2台を持ち込んで、プロの教官から指導を受けました。

普通自動車免許をとるために多くの方が緊張しながら初めて教習車を走らせたコースを、消防車で走ります。
さらに狭くなるようにコーンを立てて、なかなか簡単に通過できないようにしてある所なども!

ある場所では方向変換のために消防車をバックで下げてみると・・・・教官から「車を降りて現場を見てみましょう!」ということで、車両後方へ行ってみても特に問題がないと思ったとき・・・ふと上を見上げると、とても見づらい黒いロープが車両に当たっています(-_-;)
こちらの心境は「えええ~?なに、これ?」ですが、モノに当たっているのは事実です。202111anzenunten2

つまり、これが災害現場で垂れ下がった電線だったら、車や隊員が受傷してしまう可能性があります。
ついつい、後方の下の方、地面とかに何かないかと思い込んでしまいますが、車両の高さの空中の見えにくいものも注意しないといけないと本当に実感した瞬間でした!

 

 

 

 

救急車に見立てた車では、コースを走るくらいお手の物と思っていたら、202111anzenunten3運転席に乗り込む前に教官からある指示が、

「そこに水の入れてあるペットボトルありますよね!それを後部席の床に立ててください。」
「救急車、患者さんを搬送しますよね?揺らさないで走行しないとまずいですよね?」

ということで、いかに揺らさず(ペットボトルを倒さず)に、スピードを出すところは202111anzenunten4出す!ブレーキやカーブで倒さないようにするには?どうするのか?ということを体験しました。
このほかにも、フットブレーキだけではなくエンジンブレーキを使う方法や、後続車のためにポンピングブレーキを使うなど、これからの出動にすぐに生かせる有効なブレーキ操作についても教えて頂きました。
 

202111anzenunten5

 そして、やはり事故を起こさない、そのために何を意識し行動として行うのかという基本中の基本をもう一度再認識しました。これから研修を受けた職員が自身だけでなく、他の職員へも学んだことを伝えてより一層、安全確実な運転、現場活動に繋げていきます。

 

 

 

202111anzenunten6

違反是正研修会を開催しました

ニュース 2021年10月29日

 中濃消防組合では、令和3年10月27日、28日、消防大学校専科教育予防科109期を修了した職員を講師として違反是正研修会を開催し、延べ40名の職員が受講しました。

 この研修会は、立入検査時に現認した違反事項に対し、臆することなく適正に措置命令を出すために必要な知識、技術を習得することを目的に開催したものです。

 今回は消防法第5条の3に基づく措置命令にスポットを当て、物品販売店舗内での避難障害を想定し、店舗の関係者役と消防吏員役と配役を決め、立入検査・是正指示・口頭命令・命令書交付・公示までの一連の流れをシミュレーションしました。

 今回の研修を受講した職員は、所属へ伝達し、中濃消防組合全体のレベルアップにつなげていきます。

座学1シミュレーション1

 

令和3年度火災予防に関する図画(ポスター)・習字入選者のご紹介

今年度も中濃地区幼年少年女性防火委員会主催で、関市・美濃市の幼稚園・保育園・こども園、小・中学校から火災予防に関する図画(ポスター)・習字を募集しました。

今回、図画の部に492点、習字の部に466点の応募があり、9月7日(火)に先生方の審査のもと各部それぞれ19点ずつ入選作品が決定しました。

★各部入選作品はこちら★

審査された先生方から、次のような評価をいただきました。

【図画の部】

園児の作品は、真っ赤な消防車をクレパスや絵の具を使って力いっぱい描いてありました。園児らしさが表れていました。

小学生の作品は、もう少し力強さが欲しかったです。

中学生の作品は、構図、着彩などとても丁寧によく考えて描いてありました。そのため、作品の質が高いものがたくさんありました。

【習字の部】

中学生の作品にすばらしいものが多かったです。小学生の時からずっと続けて習字にたずさわってきた証です。これからも続けていってほしいです。

小学生の作品は、紙いっぱいに伸び伸びと筆を使った作品が少なかったのが残念です。お手本をまねる段階から楽しんで書ける段階へと、もう少し多く書き込みたいものです。

図画・習字の金賞作品については、今年度の中濃消防組合火災予防運動ポスター(秋・春)として採用させていただきます。

また、応募作品は火災予防運動期間中などに展示を予定しています。

今年度もたくさんのご応募ありがとうございました。

火災調査研修会(模擬裁判)を開催しました

 中濃消防組合では、令和2年11月18日に岐阜地方検察庁から現任検事を講師として招き、火災調査研修会を開催しました。

 この研修会は、職員が刑事裁判を通じ、火災調査書類の重要性を再認識することを目的に開催したものです。

 今回は放火による建物火災を想定し、模擬裁判員裁判の中で火災調査書類に記された内容の信ぴょう性を問われ、作成した職員が証人として出廷して証人尋問を受けるという構成でした。参加した職員は、検察側の見解と弁護士側の追及を体感した上で一連の裁判の流れを学び、裁判員としての評議も研修しました。

 火災原因調査は、その後の火災予防や消防行政施策に反映されるとともに、司法機関や捜査機関に対しても重要な資料となります。今回の研修を通じて、職員は火災調査書類の正確性と重要性を改めて認識することができました。

火災調査研修会

令和2年度火災予防に関する図画・習字の入選作品のご紹介

今年度も中濃地区幼年少年女性防火委員会主催で、関市・美濃市の幼稚園・保育園、小・中学校から火災予防に関する図画(ポスター)・習字を募集しました。

今回、図画の部に493点、習字の部に391点の応募があり、9月4日(金)に先生方の審査のもと各部それぞれ19点ずつ入選作品が決定しました。

★各部入選作品はこちら★

審査された先生方から、次のような評価をいただきました。

【図画の部】

・園児の作品は、消防車と消防隊員の両方が描かれている作品が多くみられました。また、消防車の形や水が吹き出ている様子がしっかりと描かれている作品が多くみられました。

・小中学生の作品は、水彩絵の具を使って丁寧に描ききっていました。さらに防火意識を高める表現や消防隊員の消火活動の姿を生き生きと描いている作品が多くみられました。

【習字の部】

・中学生の作品が少なく残念でしたが、よく書き込まれた作品が多くありました。全体的に墨量が豊かで力強い作品が多くありました。手本をよく見てまねるところから自由にのびのび書ける段階まで書き込むことが大切です。

図画・習字の金賞作品については、今年度の中濃消防組合火災予防運動ポスター(秋・春)として採用させていただきます。

また、応募作品は火災予防運動期間中などに各消防署や出張所などで展示を予定しています。

今年度もたくさんのご応募ありがとうございました!!

令和2年度第1回甲種防火管理新規講習を実施しました

 令和2年8月27日、28日の2日間にわたり、関市文化会館において甲種防火管理新規講習を実施しました。

 消防法第8条では、政令で定める多数の者が出入りするような事業所等には防火管理者を定め、防火管理上必要な業務を行わせることが義務付けられています。中濃消防組合では、事業所等において管理的又は監督的な地位にある方を対象に、毎年、消防法第8条に定める防火管理者としての資格を取得してもらうための講習会を実施しています。

 この講習会では、防火管理に関する座学や実際に屋内消火栓や訓練用の消火器を使っての消火訓練等のカリキュラムがあり、今回58名の方が甲種防火管理者の資格を取得しました。

12

34

 

消防カード配布終了について

ニュース 2020年6月1日

ご好評をいただいておりました中濃消防組合消防本部の【消防カード】は、全ての在庫分の配布を終了しましたのでお知らせします。

行き違いで郵送での配布をご希望された方には、返信用封筒と切手を返送させていただきます。

大変申し訳ございませんが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

04-2020-4.7

 

ガソリンの携行缶への詰め替え販売について

ニュース 2019年12月25日

ガソリンを携行缶で購入される皆様へ

令和元年7月18日、京都市伏見区において発生した爆発火災を受け、令和2年2月1日からガソリンを携行缶で購入される方に対して、消防法で「本人確認」及び「使用目的の確認」を行うとともに販売記録を作成することが義務付けられました。

詰め替え販売されたガソリンが、放火など犯罪への悪用及び大きな事故につながるおそれもあることから、購入される皆様にはご協力をお願いします。

【顧客用】ガソリン購入に係るリーフレット(省令改正後版・別紙抜き)
 

 

ガソリンスタンド事業者の皆様へ

ガソリンの容器への詰め替え販売を行う場合、消防法で「顧客の本人確認」、「使用目的の確認」及び「販売記録の作成」を行うことが義務付けられました。また、不審者を発見した場合は、警察へ通報をお願いします(緊急時は110番)。

【事業者用】ガソリン購入に係るリーフレット(省令改正後版・別紙抜き)

 

1 2 3 4 5 6 7