ニュース & 案内

ニュース & 案内

甲種防火管理新規講習を実施しました【予防課】

ニュース 2016年9月2日

平成28年8月25日、26日の2日間にわたり、関市文化会館において甲種防火管理新規講習を実施しました。

消防法第8条では、政令で定める多数の者が出入りするような事業所等には防火管理者を定め、防火管理上必要な業務を行わせることが義務付けられています。中濃消防組合では、事業所等において管理的又は監督的な地位にある方を対象に、毎年、消防法第8条に定める防火管理者としての資格を取得してもらうための講習会を実施しています。

この講習会では、防火管理に関する座学や実際に屋内消火栓等を使用する等のカリキュラムがあり、今回、82名の方が甲種防火管理者としての修了証を取得しました。

043032

 

037

004

 

西部地区防災訓練

ニュース & 案内 2016年8月26日

みんなで揃って、ひなたぼっこ(^_^)/

西分署09091

 

 

 

 

 

 

ではありません。笑

 

先日、関市西部地区の防災訓練が開催されました。

通報・消火訓練、水防工法訓練、煙道訓練、救護訓練、炊き出し訓練と

各ブースに分かれ西部地区の住民505人が参加しました。

上の写真は西部地区のみなさんが揃い救護訓練が始まるのを待つ人形さん達の姿です。

 

たくさんの人に集まっていただき

真夏の炎天下の中ひとりひとりが一生懸命に訓練されている姿を見て

この地区の方々の防災意識の高さを感じました。西分署09092

災害はいつ起こるかわかりません。

日頃から防災に対する準備や知識の習得が不可欠です。

大切な家族、大好きな恋人を守るのは皆さん自身です。

 

備えあれば憂いなし。

☠ 水難事故多発!! ☠

ニュース 2016年8月19日

 

 1時間前までは、みんな笑顔でバーベキューをしていたのに・・・

 

水難事故14件 死者7名

※4月1日~8月22日現在(関市・美濃市)

 

関市・美濃市の川では毎年人が亡くなっています。

 

長良川や板取川をはじめ、関市・美濃市内の河川では遊泳、魚釣り、バーベキューなど様々に利用される一方、水難事故が多く発生しています。今年度はすでに14件の水難事故が発生し、7名の方が亡くなっています。

水難事故は、決して他人事ではありません。遊泳中は常に危険にさらされていることを自覚し、無理な遊泳はしないようにしてください。

 

水難事故を防ぐためには・・・

・自分の泳力を過信せず、初めて泳ぐ場所では気を付ける。

一見すると穏やかに見えますが、地形によって川の流れは様々で、

川底に引き込まれる流れや岸にたどり03suinann20160819

着けない流れをつくり出します。また、急激な深みのある場所もあり、自分の泳力を過信せず遊泳しましょう。岩や流木などの障害物が多い場所は障害物への衝突や足などを引っ掛けて抜け出せなくなり、溺れる可能性がありま

す。

・飲酒後の遊泳・服を着たままの遊泳はしない

飲酒は運動能力を鈍らせるだけでなく、正常な判断ができず無理な遊泳を誘発します。服を着たままの遊泳も泳ぎにくく、体が水中に沈みやすくなるためやめてください。

・飛び込みなどの危険行為はしない

橋や岩からの飛び込みは、川底や障害物への衝突に繋がり、ケガをするだけでなく、そのまま溺れてしまう危険性があるためやめてください。

・子供から目を離さない

子供は泳力がなく、行動が読めません。少し目を離すだけでも危険な場所へ近づいてしまいます。常に子供を監視下に置き、ライフジャケットや水中用ヘルメットなどを着用させて事故を未然に防いでください。

・天候の変化に注意する

悪天候は川の増水や早い流れに繋がります。また、自分たちの遊泳場所は晴れていても、上流域で雨が降っていれば、急激な増水につながります。気象情報によく注意して、増水しそうな場合や、川の水が濁り始めたり、ごみや小枝が流れてくるときは、早めに川から離脱してください。

※河川の危険個所は下記のホームページから確認して下さい。

岐阜県公式ホームページ

http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei/ken-gaiyo/soshiki-annai/kendo-seibi/doboku-jimusho/mino/suinanh28.html

 

平成30年度危険物取扱者試験準備講習のご案内

各種試験講習案内 2016年8月19日

平成30年度危険物取扱者試験準備講習を下記のとおり開催します。

申込みの詳細については、「危険物取扱者試験準備講習実施要領」を参照のうえ、受講申込書により武儀地区危険物安全協会事務局(中濃消防組合消防本部予防課)へ申込みください。

1 講習の目的

 この講習は、”一人でも多くの合格者を”との願いから、危険物取扱者試験(乙種第4類)の受験に必要な知識及び重要なポイントをわかりやすく指導します。

2 講習の実施日時及び場所

第1回

(1) 実施日   平成30年6月12日(火)

(2) 実施時間  午前9時00分~午後5時00分まで(受付8:50~9:00)

(3) 実施場所  中濃消防組合消防本部 2階大会議室

(4) 申込期間  平成30年5月7日(月)~6月6日(水)

第2回

(1) 実施日   平成30年11月1日(木)

(2) 実施時間  午前9時00分~午後5時00分まで(受付8:50~9:00)

(3) 実施場所  中濃消防組合消防本部 2階大会議室

(4) 申込期間  平成30年10月1日(月)~10月26日(金)

3 定員   50名

4 受講料及びテキスト代

会員  2,500円(テキスト代含む)

非会員 3,500円(テキスト代含む)

 

※ 可茂地区及び郡上市危険物安全協会においても講習会を行います。

日程の詳細は「平成30年度危険取扱者試験 受験のための講習会」をご覧ください。

※ また、(一社)岐阜県危険物安全協会では、「危険物取扱者試験予備講習会」が開催されます。

申込みについては、「危険物取扱者試験準備講習実施要領」を参照のうえ、受講申込書により武儀地区危険物安全協会事務局(中濃消防組合消防本部予防課)へ申込みください。

 

平成28年度危険物取扱者試験 受験のための講習会のご案内

各種試験講習案内 2016年8月19日

可茂地区及び郡上市危険物安全協会においても講習会が開催されます。

※詳細はこちらpdf_logo

平成28年度危険物取扱者試験予備講習会のご案内

各種試験講習案内 2016年8月18日

(一社)岐阜県危険物安全協会が2日間にわたり開催する講習会です

※詳細はこちらpdf_logo

第29回中濃地区少年消防クラブリーダー研修会を実施しました。

ニュース 2016年8月10日

消防に対する知識を深め防火・防災意識を高めるとともに、クラブ員同士の親睦を深めることを目的に、平成28年8月4日(木)、岐阜県広域防災センターで「第29回中濃地区少年消防クラブリーダー研修会」を開催しました。

研修会には、中濃消防組合管内の少年消防クラブの代表39名(小学4~6年生)が参加し、関市女性防火クラブの協力のもと、空き缶コンロによる炊き出し実演や、空き缶コンロの作成、地震体験、消火訓練など様々な体験実習を行いました。

1煙道体験

2

空き缶コンロによる炊き出し実演

3空き缶コンロ作成

4

地震体験

187

何をやっているのでしょうか?

ニュース 2016年8月2日

 

03 kunnrenn120160802

 

みなさん、この写真を見て何をやっていると思いますか?

 

1 地盤調査

2 落とし物を探している

3 パワハラ

 

ブブーっ。残念、全部違います。

 

実はコレ、潜水訓練を実施しているのです。

 

中濃消防組合には潜水士隊という水難救助に対応する部隊があります。主に河川での水難事故で活動していますが、ときには特殊な場所で発生した水の事故にも対応しなければなりません。

そこで、平成28年7月28日(木)・29日(金)と庁舎内の防火水槽を使用して潜水応用訓練を実施しました。

03 kunnrenn220160802

隊員が入っていく様子

 

03 kunnrenn320160802

傷病者(訓練人形)を救出

 

 

具体的には水槽に人が転落した想定で、陸上部隊と連携しながら潜水士隊が傷病者を救助するものです。水槽内はいつも訓練している河川と違い、視界も悪く、隊員にとっては非常に良い訓練になりました。

今後も中濃消防組合では様々な訓練を行ない、災害対応力を高めていきます。03 kunnrenn420160802

水槽内の様子

第49回岐阜県刃物まつりを「指定催し」に指定しました

ニュース & 案内 2016年8月1日

指定催しの指定に関する公表はこちら

関市消防団ドローン部隊と潜水士隊合同訓練を実施!

ニュース 2016年7月12日

 

平成28年7月6日(水)10:00~ 関市消防団ドローン部隊と中濃消防組合潜水士隊が

関市池尻の長良川において、合同水難救助訓練を実施しました。

 

ブーン~、ブーン~ 聞きなれぬ羽音が長良川に鳴り響き、白く滑らかなシルエットの物体が

水面上を駆け廻り、水中の傷病者を捜索。

IMG_3917

 

この白い物体こそ、関市消防団所有のドローンです。

ドローンに設置してあるカメラから堤防上で操作している消防団員に画像が送信されます。

「要救助者、かくにん!!」

03kunnrenn0220160712

傷病者に見立てた人形を確認したドローン部隊より現場指揮本部を経由し、中濃消防潜水士隊

へ位置情報が連絡されます。

03kunnrenn0120160712

ドボーン!! 関市消防団ドローン部隊からの情報をもとに潜水士隊が潜水活動を実施、

短時間で要救助者を発見し、救助することができました。

 

このように関市消防団ドローン部隊との合同訓練は大変有意義な訓練となりました。

中濃消防組合では今後も他機関と連携を深め、訓練を重ねていく予定です。

1 11 12 13 14 15 16 17