ほのおのにっき

ほのおのにっき

「リターンライダー」参上・・・!【関消防署】

ほのおのにっき 2016年10月12日

皆さん、「リターンライダー」って知っていますか?

そうです、「リターンライダー」とは、若い頃バイクに乗り、その後仕事や結婚などの理由で乗らなくなった人(乗れなくなった人)が、40~50代となり、再び手にした自由な時間にもう一度バイクに乗り始めることです。

当消防本部にも隠れライダーを含め、かなりの人数の「リターンライダー」がいます。

その中のひとりで大変こまめなN.T君がいつも旅程表を作成してくれるので、職員だけでなく職員OBや友人まで誘って、不定期ではありますが年間に数回のツーリングを楽しんでいます。

※ 雨オトコもいるようで・・・困ります!!
04-201610121⇐みんなでコースの確認です!

 

消防で鍛えた体と言えども、確かに若い頃のような身のこなしはできません。しかし、ヘルメットを脱ぐまでは道行く人や対向するライダーには中年?であることはバレません。

※ ぽっこりおなか要注意!

04-201610122

            心霊写真ではありません

               富士山5合目

            中年バイカーの集合です!⇒

やっぱり、オジサン集団でしたが身も心もリフレッシュ
できて楽しいですよ。

 

04-201610123


⇐ 白煙が・・・
ラジエターのが空ですが・・・

追伸:毎回、何らかのアクシデント(立ちゴケ、バッテリー上がり、部品落下、アクセサリー用品の飛散、ガソリン漏れ、オーバーヒート、ずぶ濡れ、凍えそう等々)がありますが、それもまた楽しい思い出です。

 

新人消防士、消防学校を修了しました! 【総務課】

ほのおのにっき 2016年10月11日

新人消防士の最初の登竜門。
それが、消防学校!!04-honoo0-20161011
当組合では、採用された4月から岐阜県消防学校に入校し、約半年間、岐阜県中の新人消防士といっしょに「初任教育」というきびし~い訓練や授業を受けます。

炎天下の中、防火衣を着て4時間ホースを延ばす訓練をしたり、
資機材を担いでグラウンドを走ったり、
138タワーを最上階まで駆け上がる訓練をしたり・・・、

二度とは経験したくないような(笑)さまざまなことを経験し、知識・技術・体力を身につけてきました。

 

そして、10月4日、彼らは無事に修了式を迎えることができました。

修了式の前に行われた総合訓練のようす。
04-honoo2-20161011 04-honoo13-20161011 04-honoo14-20161011 04-honoo5-20161011
当日は家族や各本部の幹部が招かれました。
未熟なところもありましたが、大きな声を出し、熱い気持ちを持って訓練する新人消防士たち。その姿を見て、感動し泣いている親御さんもいらっしゃいました。

 

修了式。04-honoo6-20161011

修了証書を受け取った彼らは、入校前とは別人のような表情となっていました。
私たちは、みんなこの消防学校で鍛えられ、「消防人」となるのです。

とはいえ、まだまだ半人前です。実際の現場は訓練のようにうまくいくことばかりではありません。
これからも署で厳しく鍛え上げ、早く一人前の消防士となれるよう指導していきます!!

田畑の百日紅(たばたのさるすべり)【津保川出張所】

ほのおのにっき 2016年10月7日

みなさんこんにちは
今回は、関市上之保鳥屋市田畑にある百日紅(さるすべり)を紹介したいと思います。

関市指定重要文化財≪天然記念物≫であるこの百日紅は、04-201610031
樹齢200年、樹高8m、幹周4.5mと大変立派な名木で、
県内はもとより県外からも一目見ようと訪れる方がみえるそうです。

 

「サルスベリ」という呼び方の由来は、
「樹皮がとても滑らかでツルツルとしていて、
猿も滑って落ちる
ということから「サルスベリ」と名付けられたそうです。確かにツルツルとした樹皮をしています。実際のところ猿は簡単に登ってしまうようですが、人間は滑って落ちそうです。・・・あっ天然記念物ですからくれぐれも登らないようにおねがいします(笑)04-201610032

次に「百日紅」という漢字の由来ですが、これは原産国である中国から伝わった表記で、この花にまつわる物語には、「恋人と100日後に会うことを約束した女性が、100日目を目前にして他界し、その後に咲いた紅い花」というものがあります。※諸説あり
04-201610033

日本では元禄時代の園芸書である「花譜」に、「紅花が100日間咲く」という説明が書かれています。

呼び方の由来と漢字の由来はまったく別ものなのにひとつの花木として表現されているところが不思議で面白いと思いませんか?

 

見ごろは7月~9月ですが、10月に入ってもまだ間に合うかもしれません

(掲載した写真は9月20日に撮影しました)

興味のある方はぜひ上之保にお越しください。

熟年ライダーの旅日記 【美濃消防署】

ほのおのにっき 2016年10月6日

熟年(本当は中年)ライダー5~10人が、毎年2回~3回のペースでツーリングを始めてから16年、今までに東は栃木県、西は奈良県と当初は皆が40歳前半で長距離もなんのその、現在は50歳後半になり結構体力は劣ってきていますが、そこは気力で頑張っています。

今までに30回以上に亘りツーリングしてきたなかで、毎回と言っていいくらい色んなハプニングがありましたが、幸いにも交通事故は一度もなく楽しい旅が続いています。チョイ悪オヤジ風の熟年ライダーは、これからも体をいたわりながら(笑)安全な旅を続けていきたいと思っています。

最近の山梨県へのツーリングでの情景を紹介します (平成28年9月16日)

目的達成!                  五合目から見た下界はあいにくの雨
04-20161006%ef%bc%9104-20161006%ef%bc%92

五合目から見た山頂は目覚ましく様子が変わる
04-20161006%ef%bc%93宿から見た朝富士の様子
04-20161006%ef%bc%94夜のひととき         恒例の旅館女将との記念撮影
04-20161006%ef%bc%9504-20161006%ef%bc%96

昔のおもちゃ遊び 【指令課】

ほのおのにっき 2016年10月5日

先日、息子の幼稚園で祖父母参観があり、『おじいちゃん、おばあちゃんとカンポックリを作ろう』という内容でした。

04shireika1005

・・・カンポックリって何!?

 

 

皆さんは『カンポックリ』知っていますか?

 

 

 

缶ぽっくりは缶下駄(かんげた)とも言われ、簡単に言うと竹馬の缶バージョンです。

木履(ぽくり)という木製下駄に似ていることや、缶を使ってぽっくりぽっくり歩くことが語源となっているみたいです。

04shireika10052

 

 

完成した缶ぽっくりで楽しく遊んでいる息子を見て

私も幼少期に遊んだなあ~と思いだしました。

その時はただ楽しく遊んでいただけでしたが

調べてみると良い効果があることを知りました。

 

 

~体のバランス感覚を養い、手足などの運動機能によい働きをする!~

・足の指を鍛えるのに役立っていた下駄を履かなくなった現代人は足の指の力が弱く、足の重心が後ろの方に下がりがちになってしまい、歩き方や姿勢が悪くなります。缶ぽっくりはげたのように足の指を鍛える効果があるので、歩き方や姿勢がよくなります。

・手足を同時に動かさないとうまく歩けないため、リズム感がよくなります。

・常にバランス運動をしているので、ふくらはぎや太もも、さらにはヒップまで引き締める効果があります。

 

低コストで簡単に作成できる缶ぽっくりは物作りで家族だんらんをもたらし、子供だけでなく、家族みんなの「心と体」を成長させることに効果的です。

『食欲の秋』でおいしい物をつい食べ過ぎてしまう季節です。ぜひ『運動の秋』を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

※作成時は缶の切り口等でケガしないように注意してください!

難易度の高い訓練指導!! 【武芸川出張所】

ほのおのにっき 2016年10月4日

消防署では火の消し方や地震・台風等の災害時の避難方法、ケガや病気で倒れてしまったときの応急処置を指導しています。

今回も訓練指導の依頼の電話が武芸川出張所にかかってきました。

 

その内容は消火訓練と災害時の対応なのですが(; ̄ー ̄)…ン?

 

何がって!・・・教え方が難しいのです(´へ `;) う~~ん

それは・・・受講生に・・・

日本語が・・・

 

伝わらないから!(^▽^;)

 

日本に働きに来ている外国人を見かけたことはありませんか?

そんな彼ら、彼女たちは生活のために遠い異国に働きに来ています。

日本で働き、暮らすためには日本のルールを学ばなければなりません。

そんな外国人労働者を日本で働けるように支援する会社からの訓練指導の依頼でした。

 

ではなぜ、武芸川出張所に依頼が来るのか?

 

その支援する会社の事務所が武芸川町にあるからです!

 

指導の時は通訳をしてくれる人がお手伝いをしてくれます。

けど話しにくいのですよね(;´∀`)

 

イントネーションが・・・

日本語を話しているつもりが、ついつい片言の日本語になっちゃうのです(笑)

ペースが狂います。講習を和ませるためのオチがオチじゃなくなり自分が凹○コテッ04muge1004

 

今回の対象の外国人はベトナム国籍。さて、公用語は

 

【ベトナム語】なんです。

 

 

資料はというと、殆んど画像です。身振り手振りの

ジェスチャーです!

普段は平然と指導している消防士もたじたじで、

見ている方が恥ずかしくなる(笑)

思わず吹き出しそうになってしまう事もありました。

 

【自分の常識ほど非常識】常識と思っていることは環境や育ちにより常識となります。

同じ環境で暮らす人には常識ですが、全く違う環境下で育った人にはそれが非常識でもあったりします。早く日本の環境に慣れルールを覚えて安全に働き生活できればと思います。

 

今回は少人数の為、出張所に来ていただき指導したのですが、多人数の場合はこちらからお邪魔し指導します。04muge10043

04muge10042

金魚「ジャンボ獅子頭」の飼育 【武儀】

ほのおのにっき 2016年10月3日

2年前から「ジャンボ獅子頭」という品種の金魚を飼っています。最初は小さかったのに今では30センチを越える大物に成長しています。

日本には昔から色々な金魚がいますが、特にジャンボ獅子頭という品種は熊本県長洲町で誕生した金魚で、大変人気が高く毎年九州で品評会が開催されているほど熱狂的なファンが多いです。
この金魚の魅力は、何と言っても名前のとおり40センチを超える大きさになることや特にオスは頭部の肉瘤が発達すること、それに非常に丈夫で繁殖も簡単なことです。
また、加茂郡七宗町ではジャンボ獅子頭を愛する人達が「七宗町でか金倶楽部」を立ち上げ活動されています。

私もこの倶楽部の人から生まれたばかりの稚魚を頂いたのが飼うきっかけでした。日々の餌やりや水替えで見ていると癒され優しい気持ちになれますよ!

興味ある方は試しに一度飼ってみてください。可愛がった分だけ立派になります。

黒色32センチ 赤色30センチ
04%e3%80%8020161003%ef%bc%91

気分転換【予防課】

ほのおのにっき 2016年9月30日

突然ですがみなさん、「消防士」と聞くと、消防署で1日仕事して次の日は休み、なんていうイメージを持っているのではないでしょうか。

しかし、消防士の中には一般の会社と同じように朝出勤して夕方帰宅する人達がいます。いわゆる日勤者です。日勤では圧倒的にデスクワークが多く、身体を動かすことがありません。ずっと椅子に座り続けていると「ぼぉ~」っとしてしまうことも・・・(-_-;)。

そんな事態を解消するため、私は毎日、お昼の休憩時間を利用して中濃消防組合屈指の屋外レジャースポットで気分転換をします。そう、それは鉄棒です。

01-honookennsui1

この鉄棒はもっぱら職員の懸垂器具として愛用されており、私達の広背筋、大円筋、上腕二頭筋などは鉄棒から与えられたものといっても過言ではありません。

一説によると、運動をすることはデスクワークで滞った血流を改善し、脳の血行が良くなり集中力や思考力などがアップするそうです。運動不足も解消できてまさに一石二鳥。

そんな一説をこよなく信じ、今日も私は気分転換をします。

01-honookennsui2

土曜日の午後 【西分署】

ほのおのにっき 2016年9月29日

今回は消防署での一コマをご紹介。

 

何をしているでしょう?04nishi0929

そう、救急車の洗車をしています!

 

定期的に自家用車を洗車している方は多いと思いますが

中濃消防組合では毎週土曜日の午前中に消防車や救急車の洗車やワックスがけをしています。

もちろん、洗車機ではなく、すべて手洗い!

手洗いだからこそ、細かいところまでピカピカに磨き上げます。

 

出場があれば汚れてしまいますが

普段使う道具の整備・手入れは私たちの仕事です。

その中でもボディをキレイに保つ洗車は基本中の基本。

つまり、洗車も大事な業務のひとつなのです!

 

みなさん、車両見学に訪れる際は洗いたての土曜日午後からが一番の見ごろですよ!!!!

板取自然シリーズ Part2 【板取川出張所】

ほのおのにっき 2016年9月28日

板取の自然について紹介したいと思います。
板取には川浦渓谷をはじめとする板取川上流地域ならではの絶景なる自然が多くあり、アウトドアレジャーも盛んです。
そんな中、私たちの危険を脅かす存在もいることを皆さんに知っていただきたく記事にしました。
身近なもので言うとスズメバチ、アブ、蛭(ヒル)等の害虫。危険な動物として熊やマムシです。
こちらの写真は21世紀の森(蕪山・株杉)の入り口です

04-20160928104-201609282

スズメバチは猛毒を持っており、刺されると
アナフィラキシーショック(クリックで説明ページが開きます)
という免疫反応が出て、呼吸困難等の命に直結するアレルギー反応が出る事があります。
全国で年間平均30名の方が亡くなっており、熊やマムシより倍以上多いです。また、スズメバチは9月中旬から10月中旬に繁殖期を迎え、最も攻撃的になります。
近くを通るだけで刺される危険があります。
※もしもの時の救急法はこちらへ⇒「救急法」ページへ

他にも、よく話題になる観光スポット、通称 モネの池にも危険が潜んでいます。
写真は旧白谷橋を撮ったものです。
04-20160928304-201609284

バスケットボールくらいの大きなスズメバチの巣があります。
観光で立ち寄った際には気を付けてください。
04-201609285

最近、熊の目撃情報が同報無線で放送されました。熊は元来臆病な動物で、人気を察知すると自分から離れていきます。熊に遭遇しないように鈴やラジオなど自分の存在を知らせる対策を講じて下さい。

残暑のシーズンが終わると次は紅葉シーズンとレジャー目白押しとなってきますが、危険が潜んでいるということだけ頭の片隅において頂き、楽しんでいただけたらと思います。
自然を相手に楽しむにはそれなりのリスクがあることを理解して楽しみましょう。

次回 板取自然シリーズPart3へ続く

 

1 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62