ほのおのにっき

ほのおのにっき

スーパーレディー

ほのおのにっき 2017年7月27日

 04ほのお砂川1

この方は消防士???

答えはNOです。

しかし関消防署にとって、この方は無くてはならない存在なのです!!!!!

なぜならば、関消防署の日日雇用職員さんであり、事務用品や日用雑貨の買い出し、さらには消防車両の燃料の集計等々あらゆる業務をこなしています。
 
きれいに整頓されてますね~!!消しゴム一つとっても帳簿でしっかりと管理しています。時には怒られたりすることもしばしば…(整理整頓が出来ていないと訓練で隊長に怒られる時より厳しい時も・・・笑)

最後に、スーパーレディーは若者の恋愛相談にものってくれ、私たちの心も支えてくれる縁の下の力持ちであります。

04ほのお砂川2

お気軽に!

ほのおのにっき 2017年7月26日

04-honoo2-20170726「すいませ~ん、モネの池はどう行けばいいんですか?」
と、週末になると観光で訪れる方が洞戸出張所に立ち寄られます。
最近はだいぶ減ってはきたんですが、テレビなどで取り上げられた週末は特に多いです。

道を聞きに消防署を訪れる方は、カーナビの普及とともに減少していますが、「モネの池」など正式な名称でない場合、市外や県外から訪れる方の多くは辿りつけず困り果てた末に「入りやすい?」「聞きやすい?」消防署を頼られるみたいです。

 

また、以前には
「ニホンカモシカが崖で立ち往生しているんですが」
と、観光で訪れた方から助けてあげてほしいと相談がありました。
どこにも相談できず消防署を訪れたと思いますが、不意のことでビックリしました。

少し待っていただき関係機関に問い合わせしたところ、ニホンカモシカは国の特別天然記念物に指定されている動物で、もしケガをしていたとしても人間が近づくことで過度のストレスを与える恐れもあることから、そのまま見守り生息地へ帰るのを待つしかないとのことでした。
そのように説明すると「そうなんですか、可哀想ですね」と残念そうな顔で帰られました。

 

消防は火災・救急・救助など住民の生命・身体・財産を守ることが主な業務です。
しかし、このような相談にも対応していますので、何か困った事がありましたらお気軽にお立ち寄りください。

04-honoo3-20170726

消防士の卵!?

ほのおのにっき 2017年7月25日

04-honoo-20170725

「新人消防士の3名です!よろしくお願いします!」

いや、実はそうではないんです。

写真左から外務省、農林水産省、国土交通省に今年度採用された、国家公務員の方たちなんです。

 

では、「なぜそんな人たちが消防署に来て防火衣を着ているの?」と思いますよね?

これは国家公務員の研修の一環で、地方行政の実情や業務内容を学ぶため、全国の市町村からランダムに選ばれた研修地で、研修を受けるそうです。
その中の一つに消防署での研修が組み込まれています。

 

研修は半日という短い時間ですが、消防署がどんなところなのかを知ってもらうため、写真のように実際に防火衣を着たり、救急講習を受講したりetc…と、内容はとても濃いものです。

私が研修を担当させてもらいましたが、3名ともとても熱心に研修に取り組んでいただけました。
今後、お会いすることはなかなかないかもしれませんが、少しでも記憶に残ってもらえたら嬉しいです。

 

最後に、この「ほのおのにっき」に掲載することを快く承諾してくださった研修生の皆さん、ありがとうございました。
東京に戻っても、体に気を付けて頑張ってください!
そして...また関市に来る機会がありましたら、ぜひ、消防署に寄ってくださいね!!

04-honoo2-20170725

 

 

広がる消防の絆

ほのおのにっき 2017年7月21日

毎年4月、新人の消防職員が私たちの仲間となります。

しかし、出勤初日からすぐに火事や救急の現場に出場することはできません。

全員必ず、各務原市にある岐阜県消防学校に入校します。

そこで、消防のいろはを学び10ヵ月後には各所属に配属されることとなります。

 

04-honoo-20170721
消防学校に入校するのは、新人だけではありません。

救急、火災、救助など複雑多様化する災害に対応するには、専門的な知識、常に更新される新しい情報、技術が必要になってきます。

そこで、消防職員である間は何度も消防学校に学生として入校することとなるのです。

 

私も今年の2月、「消防職員幹部教育 初級幹部科」という課程に入校してきました。

岐阜県中の消防職員が集まり、約2週間の間寮で寝泊りして生活を共にし、勉強してきました。
 

04-honoo2-20170721日程は朝から夕方までびっしりと組まれ、毎日があっという間に過ぎて行きました。

学校は厳しくもあり、難しい授業が多くありましたが、年齢も、階級もバラバラな他市の消防職員の仲間と2週間過ごしていくうちに最後は「帰りたくない!!(注意:私個人の感想です)」と思えるほどの充実感と「絆」が生まれていました。

所属に戻ってからも連絡を取り合い、また皆で集まろうと約束して帰ってきました。

 

 

大人になると学生の頃のように新しい仲間を作るというのは、なかなかできる機会が少なくなってしまいますが、消防には、ちょっと特殊な新しい仲間を作る機会がありますよ、という紹介でした。

 

これでもお菓子のおまけです

ほのおのにっき 2017年7月20日

みなさん、この写真のおもちゃ、どこかで見たことはないですか?

04-honoo-20170720

 

これらは2006年頃からコンビニ等で、お菓子付おもちゃとして販売されていました、チョロQ消防庁シリーズと、消防隊フィギュアです。
チョロQシリーズはギミックにより動きがあり、たのしいですよ。

子供達といっしょに集めていたつもり、でしたが、最後には自分ひとりが楽しんでいるだけで、子供達には見向きもされませんでした。(笑)

この当時は、子供から大人まで、けっこう消防マニアにウケたそうですが、今では見たことがありません。

 

どこかでもし見つけたら(復刻版があるかも)「これのことか」と、思ってやってください。

04-honoo2-20170720

ピカピカ消防車

ほのおのにっき 2017年7月19日

晴れの日も雨の日も、はたまた嵐の日でも消防車は出動します。

そのため、出動して帰ってきた時には泥まみれなんてことも、、、(^_^;)

 

消防署では、毎朝消防車を拭き、また定期的にワックス掛けをしてキレイにしています。

皆さんは自分の愛車を定期的にキレイにしていますか?(ちなみに私は最近怠っております、、、(笑))

04-honoo-20170719
日ごろの感謝の気持ちも込めて、皆でせっせと車両を拭きます。

 

04-honoo2-20170719

ボディだけでなくタイヤもブラッシング!!
見えない汚れもこすり落とします。

 

また、車にキズがないか・タイヤに何か刺さっていないかなども確認をしています。
ただ車をキレイにしているだけではないのです!

汚れた車で出動するのはカッコ悪いですし、誰もいい気持ちになりませんよね?

 

消防職員は身なりから!消防車はボディから!

ピカピカ消防車で今日も一日頑張ります!

指令課員の一日

ほのおのにっき 2017年7月18日

私たち指令課員は、消防本部3階にある消防指令センターに勤務し、朝から晩まで指令室の指令装置前に座って仕事をしています。夜の仮眠時間とトイレ入浴以外は、ほとんど指令室から出る事なく24時間勤務をしています。

書類の作成などの事務仕事も指令装置の傍らで、119番通報など電話受信の合間を利用しながら行っています。数値を数える仕事などの時は、それは大変ですよ。

また、高額な指令装置を保護するため、窓は少なく、貴重な窓には当然光を遮断するためのフィルムが貼られ、外の景色は全く見えない部屋となっています。

 

さて、指令室内の紹介はこれくらいにして、如何に指令課員が普通とは違った場所で勤務しているか解ってもらえたでしょうか?こんな場所での勤務のため、当然ストレスを感じることが多いんです。

 

 

ではこのストレスをどのように解消しているかを少し紹介しましょう。

 

勤務の日は、夜間指令室の傍らでバランスボールや腹筋ローラーを使用し、ミニストレッチや筋トレを実施しています。
また非番の日には、趣味を生かして近隣の山へ登山に行く人、ランニングやウォーキングをする人、また読書や家庭菜園など庭いじりを楽しむ人など、人それぞれ健康に気を付け体力維持とストレス解消をしているようですよ。

ちなみに私はと言うと、自宅周辺地域をウォーキングしたり、家庭菜園をして楽しんでいます。たまに職場仲間とバイクツーリングもします。

中でも最もストレスを解消してくれるのは、かわいい孫たちです。近くに住む孫と毎日のように遊び、お風呂もいっしょに入っています。

こうした日々があることで、私のストレスは解消されています。

 

 

皆さんも趣味を多く持ち、身体を動かしてストレスの無い健康な日々を過ごしましょう。

04-honoo-20170718

出動指令!

ほのおのにっき 2017年7月14日

災害が発生し119番通報した場合、中濃消防組合消防本部の通信指令センターへ電話がつながります。そこで勤務する通信指令員が通報内容から災害の種類を判断して、現場から一番近い消防署や出張所へ出動指令を出します。

当消防本部の出動指令は、庁内放送による電子音と音声放送で知らせています。

その電子音は以下のとおりです。

 

「ブーブー」 救助出動が入ったときに流れる音

「ウーウー」 火災出動が入ったときに流れる音

「ピーポーピーポー」 救急出動が入ったときに流れる音

 

 

出動指令には「予告指令」「本指令」があります。

 

「予告指令」が鳴った時点で災害の種別を瞬時に判断し、出動準備を始めます。

【予告指令の例(火災出動)】

「ウーウー 火災 ○○火災 入電中」

 

次に「本指令」が鳴り、発生場所の特定を行った後、出動します。

【本指令の例(火災出動)】

「ウーウー 火災指令 火災指令 ○○火災 災害地点 ××市△△町 以上」

 

この音については、消防本部ごとで特に決まりはありませんが、だいたい似たような音を流しているようです!

また、車のサイレンに似せた音でわかりやすくしているところにも注目ですね♪

消防署にお越しの際にこのような出動指令が鳴ったら、是非聞き分けてみて下さい!

04-honoo-20170714

私の趣味

ほのおのにっき 2017年7月13日

仕事のための体力づくりも兼ねて、ロッククライミングを始めて7年が経ちました。

始めた頃は数メートルしか登れませんでしたが、今では50メートルほどの高さまで登れるようになりました。

いつも登っている途中で「ここで手が滑ったらどうしよう」と恐怖感と手足の痛さと戦いながら登っています。
周りの人に「それなら登らなければいいじゃない」と言われますが、私は達成感と頂上から見た景色が格別だから登っています。

04-honoo-2017071304-honoo2-20170713

また、ロッククライミングは危険なスポーツでもあります。
登っている相方が落ちないようにビレイ(確保)する方法や途中で動けなくなった場合の対処法などが必要となってきます。

 

中濃消防組合の管内にも、多くのロッククライミングエリアがあります。
是非、皆さんも一度やってみませんか?
その際は、事故を起こさないように必要最低限の知識技術を身に付けてから楽しんで下さい。

新生児蘇生法講習会

ほのおのにっき 2017年7月12日

先日、岐阜県総合医療センターで平成29年度新生児蘇生法講習会を受講してきました。

 

04-honoo-20170712

この講習会は出産直後の新生児に対する蘇生法に主眼を置いた講習でしたので産科の医師や助産師の方が多く受講されていました。

しかし、われわれ救急隊も救急車内での分娩や救急隊が現場に到着した直後に出産・・・という可能性もあるため、是非この蘇生法を持ち帰り、救急隊に周知し地域の方のためになれるようにと受講してきました。

 

当日は筆記試験や実技講習等、半日という短い時間でしたが、講師の方や受講生も活気があり、和気あいあいと充実した時間を過ごすことが出来ました。

なかでも、普段救急講習で私たちが指導している成人・小児に対する蘇生法と新生児に対する蘇生法との違いに驚きました。(成人・小児には胸骨圧迫・AEDがメインの蘇生術になりますが、新生児に対しては人工呼吸がメインとなる等・・・)
 

 

私たち救急隊は地域の皆さんのお役に立てられるよう、日々各種講習会に参加しています。

04-honoo2-20170712

1 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 62